沿革

沿革

大正 8年(1919) 笹谷鋳造鉄工所として新湊で創業
昭和10年(1935) 機械用鋳物に併せてインゴットケースの生産に着手
18年(1943) 航空本部指定工場となり航空機定盤などの生産に着手
19年(1944) 笹谷工業株式会社に組織を変更
20年(1945) 航空本部指定工場の解除を受ける
インゴットケース及び民需品機械鋳物を生産
36年(1961) 品質向上、能率増進、コストの低減、輸送力を図るため、小杉駅南隣接地に工場用地72,000m²の新工場を建設
43年(1968) 木型工場を新設
44年(1969) 機械工場を新設
46年(1971) 第二鋳造工場を新設し、高周波電気炉1基を導入
50年(1975) 公害防止のためキュポラー用集塵機を設置
55年(1980) 第二鋳造工場に自硬性フラン造型ラインを設置し、造型の省力化を図る
56年(1981) 第一鋳造工場にもフラン造型ラインを設置し、オールフラン化を図る
57年(1982) 第二機械工場を新設(700m²)、大型プレーナ、ターニングなど加工機械を設置
62年(1987) 巨大立体迷路ランズボローメイズ運営
平成元年(1989) フラン鋳造設備を更新
2年(1990) 厚生棟を新設
8年(1996) 砺波工場を新設、低周波誘導炉溶解設備を導入
環境に配慮し緑地を多く確保
旧本社工場跡地に建設した商業用建物及び土地を
(株)平和堂へ賃貸
18年(2006) 機械工場を増設
19年(2007) 大型NC工作機械導入(5面加工機)
ISO14001認証取得
21年(2009) ISO9001認証取得
22年(2010) NC発泡模型加工機を導入
24年(2012) 自硬性ミキサーを更新
大型NC工作機械を増設(5面加工機)
3次元測定機(レーザートラッカー)を増設
25年(2013) 本社に隣接した工場用地を取得

会社案内

このページの先頭へ